電子タバコ公式通販 禁煙グッズ・アイテムなら電子たばこ【TaEco(タエコ)】

電子タバコ タエコ メーカー直営店
電子タバコ

電子たばこ 通販 専門ショップ

JECIA 一般電子たばこ工業会加盟店
お支払い方法は代引き コンビニ決済 クレジットカード その他各種
本体セット
フレーバーリキッド
カートリッジ
アトマイザー・ボトルカートリッジ
バッテリー・他

電子タバコ SSLについて 取引先募集(卸先募集) システムメンテナンスのお知らせ メルマガ登録

メニュー

商品カタログダウンロード

電子煙草 通販

  • TaEco(タエコ)
  • 大阪市中央区島之内1-17 -12-10F
  • TEL.06-6243-0001
  • FAX.06-6243-0111
  • shop@taeco.jp

  • 禁煙グッズ アイテム
当月カレンダー 来月カレンダー

電子タバコとヒートスティック型タバコ(電気式タバコ)を徹底比較

電子タバコVSヒートスティック型タバコ(電気式タバコ)

「電気を使うタバコ」として近頃、ヒートスティック型タバコ(電気式タバコ)が話題になることも多いです。
ヒートスティック型タバコ(電気式タバコ)が電子タバコと呼ばれることもありますが、従来の電子タバコとはまったく異なるものなのです。
具体的にどのように違うのか徹底的に比較してみましょう。

ヒートスティック型タバコ(電気式タバコ)とは

iQOS(アイコス)、Ploom TECH(プルーム・テック)といった商品が日本でも発売されました。
煙が出ない有害物質が従来の紙タバコよりも少ないということですが、ヒートスティック型タバコ(電気式タバコ)はたばこ葉を使います。
火で燃やす紙巻タバコに比べると電気で加熱するヒートスティック型タバコの方がタールなどの有害物質が少なくなったといわれています。
しかし完全に有害物質がカットされているわけではありません。
完全に匂いや有害物質がカットされているわけではない ヒートスティック型タバコ(電気式タバコ)はたしかに煙はほとんど出ませんが、タバコ特有の臭いはまったくなくなったというわけではありません。

禁煙ブームが進みタバコを吸える場所は大幅に減りました。
周りに迷惑をかけないためにヒートスティック型タバコ(電気式タバコ)を使い始める人も多いようですが、臭いの問題や受動喫煙の問題がすべてクリアになるというわけではありません。
また法律的にはヒートスティック型タバコ(電気式タバコ)はタバコとして扱われます。
つまり従来のタバコと同じように課税されていることも変わりありません。

電子タバコとは

タバコという名前がついていますが、電子タバコにはたばこの葉や成分は一切使われていません。
電子タバコはフレーバーがついたリキッドを電気で加熱して発生した水蒸気を味わうものです。
フレーバーリキッドの原材料は基本的にピュアウォーター、プロピレングリコール(PG)、植物性グリセリン(VG)、香料などですべて食品や医薬品、化粧品などに使われている成分です。
タールのように発がん性がある成分やニコチンのように依存性のある成分は一切含まれていません。
電子タバコは従来の紙巻タバコやiQOS(アイコス)、Ploom TECH(プルーム・テック)とはまったく異なるものです。

電子タバコ本体セット

電子タバコとヒートスティック型タバコ(電気式タバコ) 徹底比較

電子タバコ ヒートスティック型タバコ
(電気式タバコ)
価格 例)平均10日でフレーバーリキッド10ml消費
本体5,940円(リキッド1本付き)
フレーバーリキッド2本消費 980円×2
初月 7,900円
翌月から 2,940円(リキッド3本消費)
例)ヒートスティック型タバコ1日1箱
本体9,980円
ヒートスティック 20本入り460円/日
初月 23,780円
翌月から 13,800円
フレーバーリキッドは種類が豊富 アイコス(iQOS) 4種類
プルームテック(Ploomtech) 3種類
カスタマイズ できる できない
ニコチン なし あり
タール なし あり
におい フレーバーリキッドの匂い 多少タバコ臭さあり
副流煙 無害 有害

※当社調べ

加熱式たばこ、日本で競争がヒートアップ

英たばこ大手の「ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン」が加熱式たばこを日本で発売すると発表しました。iQOS(アイコス)やPloom TECH(プルーム・テック)と同じヒートスティック型電子タバコ(電気式タバコ)です。

加熱式たばこ

REUTERS ロイター(2016年11月8日)

ヒートスティック型タバコ(電気式タバコ)の安全性への疑問

タバコに含まれる有害物質のタールや一酸化炭素は燃焼し、高温になることで生成されるといわれています。
ヒートスティック型タバコ(電気式タバコ)はタバコの葉を燃やさず加熱することで発生する化学物質の低減を実現したとのことです。
ヒートスティック型タバコから発生する水蒸気からニコチン、タールの量は紙巻タバコと同じ方法では計測できないそうです。
紙巻タバコに比べると約90%有害物質が低減しているとのことですが、実際にiQOS(アイコス)やPloom TECH(プルーム・テック)を吸った人の感想ではタバコを吸いたいという気持ちが治まるということなので少なくともニコチンは摂取していることがわかります。
ヒートスティック型タバコ(電気式タバコ)に切り替えるだけでは禁煙にはなりません。
ヒートスティック型タバコ(電気式タバコ)に切り替えるだけでは禁煙にはならない またヒートスティック型タバコ(電気式タバコ)が安全なのかと考えると疑問が残ります。
妊娠している女性の目の前で堂々とヒートスティック型タバコ(電気式タバコ)を吸うことができますか?

電子タバコで節煙、禁煙する理由

禁煙や節煙を考える理由は人それぞれです。禁煙や節煙を考えるきっかけには以下のようなきっかけがあります。

  • 奥様が妊娠したため
  • 健康診断で高血圧と診断されて医師から禁煙するように指導された
  • お孫さんにタバコ臭さを指摘された
  • 節約のため
  • 自宅内でも禁煙でタバコを吸える場所がほとんどない

確実にすべての方が禁煙できる方法は残念ながらありません。
しかし電子タバコを使って禁煙に成功した方もいらっしゃいます。

電子タバコを使って禁煙に成功した人の声

タバコ歴32年 男性(神奈川県)

最近、私の努める社内で電子タバコを禁煙に活用している人が増えてきています。
私自身もタバコを電子タバコに替えて禁煙に成功しましたが、電子タバコの煙を吸うだけでもタバコを吸ったような感覚になってタバコのことを忘れやすくなると感じました。
電子タバコのフレーバーはタバコの味とは異なるものもあり、私はグレープフルーツのフレーバーが気に入っています。
電子タバコを吸っているうちにだんだんとフレーバーリキッドが美味しく感じるようになり、いつの間にかタバコのにおいが臭く感じるようになりました。
今では電子タバコを吸って一息つくのが定着しました。
仕事柄精密機器を扱っているのですが、タバコの煙に含まれる成分は機械にも悪いようなのでタバコをやめることで得られたメリットははかり知れません。

すべての方がこのように禁煙に成功するとは限りませんが、電子タバコは紙巻タバコと同じように煙を味わうことができるアイテムです。
ニコチンなどは含まれていませんが、慣れれば煙を味わうだけでも満足できる方もいらっしゃいます。
そのため電子タバコを使い始めることで節煙や禁煙に成功する人はたくさんいます。

まず節煙!そして禁煙

喫煙習慣に限らず、私たちは習慣として身に着いたことを急に変えることで強いストレスを感じます。
禁煙に失敗してしまう要因の一つに『習慣を極端に変えてしまう』ということがあります。
昨日まで1日に20本吸っていたタバコを今日は1本も吸わないという禁煙方法で成功する人も中にはいますが、苦しくてたまらなくなり、途中で挫折してしまう人も多いものです。
そうならないために少しずつ変化させて最終的に禁煙を目指してみるのはいかがでしょうか?

節煙から禁煙へのプラン

電子タバコ本体セット

禁煙成功

NO!タールNO!ニコチンの電子タバコは紙巻タバコのように煙(水蒸気)を味わえるアイテムです!
電子タバコだけで満足できるようになったら禁煙成功です!

▲サイトTOPへ戻る