電子タバコ公式通販 禁煙・リラックス・リフレッシュなら電子たばこ【TaEco(タエコ)】
電子タバコ タエコ メーカー直営店
電子タバコ
電子たばこ 通販 専門ショップ
JECIA 一般電子たばこ工業会加盟店
お支払い方法は代引き コンビニ決済 クレジットカード その他各種

禁煙にも効果的!電子タバコのメリット

喫煙のメリット1

日本の喫煙率は、成人男女の合計で19.3%と発表されました。(2016年 全国タバコ喫煙者率調査より)
健康意識の高まりや規制強化により喫煙者率は低下傾向が継続している、とJTが述べているように、喫煙者の意識の変化が見られます。
また、近年では増税の影響もあり、金銭的な負担により禁煙をされる方も多くなりました。レストランや喫茶店では分煙のお店が増え、喫煙者にとっては多少窮屈な環境になってきたのかもしれません。このようなことをきっかけに、喫煙者は、様々な禁煙アイテムを使い、禁煙を試みようとする方が増えてきています。

禁煙をするということ

なかなか継続できない禁煙
喫煙のメリット2

いざ禁煙アイテムを使い試みるも、気づいたらタバコを吸っている、禁煙を続けることができなかったという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
禁煙の動機やきっかけはそれぞれありますが、突発的に禁煙を始めると、喫煙の誘惑に耐えきれず、禁煙を断念してしまうケースがよくあります。
多くの方が、一度は禁煙を始めようと考えたことはあると思いますが、続けることができずに挫折する理由の一つとしては「漠然と考え、行動すること」です。
もうタバコは吸わない、自分ではタバコは買わない、禁煙グッズを買ったが継続的に使用しなくなるなど、衝動的か、中途半端な意志で禁煙を始めると、なかなか続かないといえるでしょう。

禁煙を成功させるには道筋を立てることが近道

禁煙を成功させる方法の一つは、短いスパンで目標を立てることです。
達成可能であろう小さな目標を一つ、また一つと積み上げていくというように、細かな目標を立てることで、目標に到達した際に禁煙ができているという達成感を味わうことが大切です。
喫煙歴が長ければ長いほど、喫煙への執着心は強いものになります。そのため、ある程度の強制力をはたらかせないと続かないということもあるでしょう。禁煙することは、それだけ困難なことなのです。

電子タバコのすすめ
喫煙のメリット2

禁煙に対しての強い意志は大事ですが、自分をサポートしてくれるものがあると、より成功につながる可能性があります。近年、禁煙補助製品、禁煙外来に通う、カウンセリングを受けるなど、禁煙の方法が続々と増えています。
自分自身が続けることができる、効果が見込めるものを選んでみてはいかがでしょうか。中でも、継続的に利用できるアイテムとして人気が高まっている「電子タバコ」をご存知でしょうか。
禁煙を試みるうえでの一番のネックは、「タバコが吸えないことへのストレス」です。
電子タバコのメリットの一つは、禁煙をしながらタバコが吸えないストレスを軽減できるという点です。
電子タバコを吸う感覚がタバコに非常に近いといわれており、タバコの代替品として続けやすいアイテムです。喫煙者の多くは、口寂しさからタバコを吸ってしまうことがあるため、その精神的依存の解消が期待されるものとしてもおすすめです。
また、個人輸入代行でニコチン入りのリキッドを買うことも可能です。徐々にニコチンの量を減らしていき、ニコチン依存から効率的に脱却できる可能性が高いでしょう。

電子タバコの起源

喫煙のメリット6

電子タバコは、日本より海外のほうが認知されており、人気が高いです。
最初の電子タバコは、1965年のアメリカでハーバード・ギルバード氏が発明しました。ギルバードが発明した電子タバコは、煙を出さない仕組みにこだわったものでした。
紙やタバコを湿らせて加熱することによって発生する蒸気を吸い込む、という発明は画期的なものでしたが、実用化には至りませんでした。その要因として、当時はタバコがもたらす健康被害が詳しく解明されていなかったこと、また、タバコは庶民のステータスだという位置づけをされていたほど身近なものだった、ということが挙げられます。
加えて、税金の手段として、ほとんどの国ではタバコに税金をかけていました。そのため、電子タバコのように税金がかからないものには、多くの国は積極的ではなかったようです。タバコから電子タバコに移行するメリットがなかった時代だったのでしょう。

電子タバコの起源はアメリカですが、現在のような形は、2003年に中国の薬剤師ホン・リク氏が発明したといわれています。
しかし、中国では電子タバコが全く売れずに、2005年頃からヨーロッパに輸出を始めます。当時のヨーロッパでは、タバコの金額が高く、喫煙場所も限られていました。
ヨーロッパでは、タバコ税がかけられている国がほとんどであり、国によってはタバコ1箱が日本の約2倍の1000円以上する国もあるほど、喫煙への考え方はシビアになっています。
そんな中、安価で場所を選ばない電子タバコは、見る見るうちに普及していきました。ヨーロッパで爆発的な人気を獲得した電子タバコは、翌年にアメリカへ進出していきます。
現在、アメリカやヨーロッパで人気を博していますが、金銭面での負担が軽く、レストランなどのタバコの吸えない場所での喫煙も可能であることから、電子タバコを使用する人が増えて大ヒットしたのです。

電子タバコのメリット

電子タバコとタバコの大きな違いとして、健康への影響という点が挙げられます。
タバコには、ニコチン、タール、一酸化炭素など200種類以上の有害物質があり、長年吸い続けることによってガンなどを引き起こしてしまう可能性があります。
タバコには、健康に害を及ぼすものがいくつもあります。電子タバコが全世界で普及した一番の理由は、健康への意識向上ということが挙げられるでしょう。
そのほかにも、電子タバコには多くのメリットがあるため、ご紹介していきます。

依存性の原因となるニコチンが含まれていない

「ニコチン」に発ガン性はないため、健康に対して直接的に有害なわけではありません。しかし、ニコチンには依存性があることが危険なのです。
日本で売られている電子タバコは、薬事法によって、リキッドにはニコチンを含むことは禁止とされています。そのため、ニコチンに関していえば電子タバコのほうが安全といえるでしょう。

ガン発病の危険性が低い

「タール」は、タバコで最も問題のある化学成分といってよいでしょう。
タールに含まれる成分には、発ガン物質と発ガン促進物質が含まれているため、喫煙による発ガンのリスクを高めます。
タールは、タバコのように火を使い、有機物を燃やした際に発生します。電子タバコは発熱によって煙を発生させるため、摂取量が低いのです。
タバコに記載されているタールですが、タバコ一本あたりの含有量は少ないものの、喫煙を続け、蓄積されることで、発ガンのリスクは限りなく高くなります。
実際に、非喫煙者と喫煙者の喉頭がんによる死亡率は、非喫煙者より喫煙者のほうが30倍以上高い統計となっています。

有害物質として脅威となる一酸化炭素を含まない

ニコチンやタールは、従来のタバコの有害物質として広く知られていますが、実はそれらの有害物質より害があるといわれている物質が「一酸化炭素」なのです。
ストーブの不完全燃焼が原因で亡くなったというニュースを、ご覧になったことはないでしょうか。その時の原因が、一酸化炭素中毒です。
一酸化炭素は、頭痛や吐き気など、直接的に身体に影響を与えるものであり、最終的には自分の命を脅かす害となり得るのです。
その一酸化炭素が、電子タバコには含まれていません。

お財布に優しい電子タバコ
喫煙のメリット7

健康への影響以外のメリットとして、まずは、金銭面の負担が軽いところが挙げられます。
タバコ税は年々上がり、日本では1箱500円程のタバコも、アメリカでは2倍の1000円前後の金額で販売されています。世界的に見ても、ヨーロッパでは日本の63%に対して70%以上の国が多くあり、デンマークでは85%のタバコ税がかけられています。
それに対して、電子タバコはキットを買う初期投資はかかるものの、長期的に見ると費用は格段と安くなります。
一つの例として、30mlのリキッドで考えた場合、2000円程で購入が可能になっており、約3500回吸えます。タバコ1本が10回~15回程吸えるため、30mlのリキッドは、15回吸う場合にはタバコ223本の計算になります。
多くのタバコは、箱に20本入っているため、約11箱分になります。1箱440円のタバコの場合であれば11箱分の値段は4840円となり、30mlで2000円程のリキッドを購入すれば、4840円分のタバコと同じ回数吸えることになるのです。
今後も上がり続けるといわれているタバコ税に伴い、タバコの金額も高騰していくと考えられるため、電子タバコの需要は上がり続けるのではないでしょうか。

環境に配慮

タバコのポイ捨てが後を絶たず、ポイ捨てが環境に与える影響は、社会的にも大きな問題となっています。マナーの問題としても、周りの方にとって気持ちのよいものではないでしょう。
電子タバコは、 灰や吸い殻の始末がありません。また、ライターを使用することがなく、残り火の心配もないため、安心・安全です。そのため、ポイ捨てによる環境問題や、火事になる危険性などを気にする必要がないことは、メリットの一つといえるでしょう。

電子タバコのデメリット

喫煙のメリット7

従来のタバコに慣れてしまうと、味わいが中途半端に感じてしまうかもしれません。
電子タバコを使用したことがある方のほとんどが、「タバコとは別物」というような感想を述べています。フルーツ系の甘い香りのフレーバーや、有名な飲料を模したフレーバーの電子タバコがあり、タバコとは別の、お遊び感覚で嗜好品として扱われている人もいるほどです。見た目もどこか機械的で、どうしてもタバコを吸っているような気分にならない人もいるのではないでしょうか。
ただ、昨今のタバコの値上がりや環境問題のことを考えると、電子タバコが代替品として満足感が得られれば、これは喜ばしいことでしょう。

電子タバコ「TaEco-E」の魅力

電子タバコのデメリットとして味わいについてお伝えしましたが、「電子タバコ TaEco」は、本格的なタバコの味わいを楽しんでいただくことができます。

様々な風味が楽しめるTaEco-E

辛味の強さが特徴の「マールボロ風味」、タバコ本来のストレートな味わいが特徴の「メビウス風味」、葉巻に似せた深い味わい。風味の豊かな「シガー風味」、マールボロの中でも爽快感のある人気フレーバー「マールボロメンソール風味」、目の覚めるような強力ミント、メンソールでは物足りない方には「スーパーミント風味」はいかがでしょうか。
また、電子タバコ TaEco-Eは従来の電子タバコのような機械的な見た目ではなく、紙のタバコそっくりで、味わい・気分ともに紙のタバコを吸っているような使用感になります。

TaEco-Eは一切のメンテナンス不要!

電子タバコは部品が多く、掃除やパーツの交換など細かい作業が多く、どうしても面倒くさくなってしまいます。また、電子部品なだけに取り付けなどを間違えると発火やバッテリーの爆発の心配があります。
しかし、「電子タバコ TaEco-E」は従来の商品のように、リキッドの注入やパーツの交換などの手間がなく、ただそのまま吸っていただくだけです。そのうえ、使い捨てタイプであるため、毎回のお手入れや準備が必要なくストレスフリーで使用していただけます。

まとめ

喫煙は、自分の生活の中の一部になっているという方も多いでしょう。そのため、禁煙をしようと思ってもなかなか難しいと思う方もいらっしゃるかもしれません。
禁煙を成功させるには、一人で抱え込まないこと、周りの応援も大切です。タバコをやめるのではなく、代わりに何かを始めるなど、禁煙に対する考え方のベクトルを変えてみませんか。電子タバコを吸うことで、タバコが及ぼす害も、タバコにかけていたお金も軽くなります。
禁煙を必ず成功させるために、禁煙をしたいと思った意志を大切にし、電子タバコに移行してみてはいかがでしょうか。

▲サイトTOPへ戻る
加熱式本体セット
本体セット
フレーバーリキッドカートリッジ
アトマイザー・バッテリー交換パーツ
アクセサリーその他
電子タバコ SSLについて 取引先募集(卸先募集) メルマガ登録

メニュー

商品カタログダウンロード

電子煙草 通販

  • TaEco(タエコ)
  • 大阪市中央区島之内1-17 -12-10F
  • TEL.06-6243-0001
  • FAX.06-6243-0111
  • shop@taeco.jp

  • 禁煙グッズ アイテム
定休日