電子タバコ公式通販 禁煙・リラックス・リフレッシュなら電子たばこ【TaEco(タエコ)】
電子タバコ タエコ メーカー直営店
電子タバコ
電子たばこ 通販 専門ショップ
JECIA 一般電子たばこ工業会加盟店
お支払い方法は代引き コンビニ決済 クレジットカード その他各種

タバコの健康被害と電子タバコのリスク

タバコの健康被害と電子タバコのリスク

タバコの健康被害は広く知られることになりました。たとえば、がんのリスクや血管に関する症状のほか、うつ病のような精神的な病気にも影響するようです。多くの病気をもたらす可能性がある理由は、タバコに含まれる有害物質だと言われています。一方、日本製の電子タバコには有害物質がほとんどありません。従来のタバコと電子タバコを比較したとき、どちらがより健康によいのでしょうか。今回は電子タバコと健康の関係性についてご紹介します。

タバコが健康被害をもたらす原因
タバコの健康被害と電子タバコのリスク

喫煙習慣は健康に悪影響を与えます。ご存じの人もいると思いますが、あらためてタバコによる健康被害の事例を見てみましょう。

タバコに含まれる化学物質

まずタバコの煙は約4,000種類の化学物質を含んでいます。そのうち、200種類以上が有害物質であることを覚えておいてください。

・ニコチン
ニコチンはタバコの葉に含まれる毒性の強い有害物質です。WHOによると、ヘロインやコカインと同等の依存性があるとされています。神経系に影響を与えるほか、ニコチンの代謝物が発がん性物質のため、健康へのリスクが大きいです。

・タール
タールは多くの有害物質を含むヤニです。発がんリスクを大きく高めるほか、健康状態に悪影響を与えると言います。慢性的に喉にまとわりつくため、咳や痰の原因になり肺や呼吸器へのダメージも大きいようです。

・一酸化炭素
一酸化炭素は血液中の酸素と結びつきます。すると慢性的な酸欠状態になるため、脳の働きが鈍くなったり体力不足になったりします。また、全身の栄養状態が悪くなり老化を早めてしまう原因です。

・ヒ素
毒性が強く殺虫剤に使われています。法律では医薬用外毒物に指定される劇薬です。消化器系にダメージを与えるほか、腹痛や嘔吐、下痢といった症状をもたらすと言われています。

がんのリスク
タバコの健康被害と電子タバコのリスク

タバコの有害性を表す代表的な症状ががんです。ここでは、タバコと深く関係するがんの種類を見てみましょう。

肺がん

喫煙習慣がある人は、そうでない人に比べて肺がんのリスクが4.71倍あると言います。有害物質を含んだ煙を肺に取り入れていることが原因です。しかし、禁煙して10年経過すると、喫煙者の半分程度まで肺がんのリスクを抑えることができます。

胃がん

喫煙習慣がもたらすのは肺がんだけではありません。胃がんのリスクも非喫煙者に比べると1.98倍まで上昇します。特に、多くの人がなる分化型線がんは、喫煙本数に比例するようです。濃縮されたニコチンが胃に入るため、胃の粘膜に与えるダメージは少なくないと考えられます。

食道がん

喫煙者が食道がんになる確率は非喫煙者の5倍です。こちらも濃縮されたニコチンが喉や食道を通るからですが、喫煙習慣がない人はめったに発症しないがんと言われています。特に、飲酒とともに喫煙を続けている人はすぐにどちらかを止めるようにしましょう。

血管に関する症状のリスク
タバコの健康被害と電子タバコのリスク

タバコは血管に大きなダメージを与えます。そこから引き起こされる症状は、生命の危機に影響する重篤なものばかりです。どのような症状のリスクがあるかを見てみましょう。

動脈硬化

タバコは血圧を上昇させます。高血圧を招くため、血管は高血圧に耐えられるように壁を厚くします。すると、血液の流れが滞ってしまい、動脈硬化を引き起こすのです。

脳卒中

非喫煙者に比べ、喫煙者は脳卒中のリスクが1.51倍高いです。また、喫煙本数が増えれば増えるほどそのリスクは高くなります。禁煙を始めて10年経過して、やっと非喫煙者と同レベルまで脳卒中のリスクが低下するのです。

心筋梗塞

喫煙者の男性は非喫煙者と比べて3.64倍、女性の場合は2.9倍と、心筋梗塞になるリスクも高いです。血液中の酸素が行き渡りづらくなるため、タバコを吸うことで心筋梗塞になりやすくなると言えます。

その他健康被害
タバコの健康被害と電子タバコのリスク

タバコががんや血管に関する病気をもたらすことは有名です。しかし、心身に与える健康被害はこれだけではありません。

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームは動脈硬化の原因となる状態です。喫煙者はそうでない人と比べ、メタボリックシンドロームになる可能性が高いという報告があります。1日10本以上で1.98倍、1日40本以上で3.4倍も高いというデータも出ているほどです。

糖尿病

タバコを吸うと、ブドウ糖をコントロールするインスリンの働きが弱くなります。そのため、糖尿病のリスクは1.6倍になるようです。禁煙の効果は大きく、1年禁煙するだけで非喫煙者と同程度まで発症リスクを下げることができます。

妊娠や出産への影響

女性の場合、喫煙習慣は妊娠や出産への悪影響を及ぼします。たとえば、妊娠しづらい身体になったり、低体重や早産のリスクが高まったりします。また、喫煙者のお母さんの母乳はニコチンが入っているため、赤ちゃんへの健康被害も大きいです。

ED(勃起不全)

喫煙によるEDの増加は、まさに男性特有の症状と言えます。喫煙者は非喫煙者に比べ1.5倍以上の確率でEDを患うようです。勃起のメカニズムである血管の機能が落ちるため、タバコの悪影響が如実に表れていると考えられます。

うつ病

非喫煙者と比べ、喫煙者は1.65倍うつ病の発症リスクが高まります。現在までに明確なメカニズムは明らかにされていません。おそらく、ニコチンによってドーパミンが放出されるのですが次第に作用が弱まり、その反動でうつ症状になるのではないかと考えられています。

電子タバコの健康リスク

ここまではタバコの健康被害についてお伝えしました。一方、電子タバコは有害物質が少なく、健康被害が少ないです。特に、日本製の電子タバコは安全性が高いと考えられます。電子タバコ・TaEcoの健康リスクが低い理由を見てみましょう。

安全な食品添加物とピュアウォーターを使用

TaEcoのフレーバーリキッドは食品添加物を使用しています。お菓子や飲料に含まれる成分のみを使っているため飲んでも安心です。また、ミネラルや不純物を含まない、ピュアウォーターを使用している点も安全性が高いポイントと言えます。

アロマと同じ効果でストレスを緩和

アロマやフルーティな香りはストレスを緩和する効果があると言います。TaEcoのカートリッジのうち、フルーティなリキッドならストレス緩和が期待できるかもしれません。イライラや不快感を覚えたとき、グレープフルーツオレンジジューシーフルーツミックスのフレーバーリキッドで、リラックスするのもよいでしょう。

第三者機関でニコチン分析試験を実施

TaEcoは安全性の高い電子タバコです。製造販売にあたって第三者機関がニコチン分析を行い、ニコチンがないことが証明されました。依存性が高いニコチンが含まれていないため、ニコチン依存から脱却したい人にもおすすめします。

自分自身や他人の健康を害さない

TaEcoのように、電子タバコから発生する水蒸気はタールやニコチンを含みません。副流煙の健康被害が問題視されていますが、電子タバコなら健康被害のリスクは低いと考えられます。自分自身はもちろん、周囲の人の健康にも配慮できる点が魅力です。

タバコが与える健康被害は社会問題になりました。タバコは200種類以上の有害物質を含んでいるため、がんや重篤な生活習慣病、うつ病などを引き起こすリスクがあるからです。しかし、電子タバコは従来のような有害物質を含んでいません。自分や周囲の健康に悪影響を及ぼす可能性は少ないと考えられます。健康への配慮を考えるのであれば、タバコをやめて電子タバコへ切り替えるのがよいでしょう。

▲サイトTOPへ戻る
加熱式本体セット
本体セット
フレーバーリキッドカートリッジ
アトマイザー・バッテリー交換パーツ
アクセサリーその他
電子タバコ SSLについて 取引先募集(卸先募集) メルマガ登録

メニュー

商品カタログダウンロード

電子煙草 通販

  • TaEco(タエコ)
  • 大阪市中央区島之内1-17 -12-10F
  • TEL.06-6243-0001
  • FAX.06-6243-0111
  • shop@taeco.jp

  • 禁煙グッズ アイテム
定休日