電子タバコ公式通販 禁煙・リラックス・リフレッシュなら電子たばこ【TaEco(タエコ)】
電子タバコ タエコ メーカー直営店
電子タバコ
電子たばこ 通販 専門ショップ
JECIA 一般電子たばこ工業会加盟店
お支払い方法は代引き コンビニ決済 クレジットカード その他各種

ニコチン依存から脱却!電子タバコを有効活用しよう

ニコチン依存から脱却、電子タバコの活用

電子タバコはニコチンが含まれているものとそうでないものが販売されています。喫煙者からすると、ニコチン入りのほうが吸いやすいと感じるかもしれません。しかし、タバコが本人および周囲に与える健康の影響を考えると、有害物質が含まれていない電子タバコを選びたいと考える人もいると思います。いずれにせよ、まずはどんな電子タバコにニコチンが含まれているか、健康にどのような影響を与えるのかを知ることが大切です。電子タバコとニコチンの関係について見てみましょう。

依存度が高く発がん性物質を誘発するニコチン
ニコチン依存から脱却、電子タバコの活用

ニコチンという言葉を聞き慣れている喫煙者は多いでしょう。しかし、具体的な健康への影響はご存じない人もいるかもしれません。まずはニコチンについてご紹介します。

タバコの葉に含まれる天然由来の物質

ニコチンはアルカロイドの有害物質です。自然界に存在しますが神経毒性を持っています。何回も摂取していると依存症になってしまうと言われていますが、ヘロインやコカインといった覚せい剤並の依存度があるとWHOも発表しました。

発がん性物質を誘発する

がんのリスクが指摘されるニコチンですが、実はニコチン自体に発がん性はありません。ニコチンを摂取することで代謝されるニトロソアミンに発がん性が認められています。いずれにせよ、健康上のリスクが高いものであることは事実です。

心臓や血管への影響

ニコチンは血管を収縮させます。すると、末梢血管へ血液がいかなくなるため、高血圧気味になって、心臓や血管へダメージを与えるのです。善玉コレステロールを悪玉コレステロールに変えるとされており、動脈硬化のリスクも高まると言われています。

新陳代謝の悪化

血液がいかなくなることで、体温および新陳代謝が悪化する点も問題とされています。新陳代謝が悪化すると細胞の生まれ変わりが遅くなるため、見た目が老けてしまったり傷の治りが遅くなったりするかもしれません。

腎臓病のリスク

ニコチンは即効性の毒です。身体は解毒して体外へ排出しようとするため、腎臓に大きな負担を掛けてしまいます。ニコチンを毒素の低いコニチンへ変換するのですが、2割程度は変換できないようです。そのため、ニコチンを摂取し続けていると腎臓への負担がかかってしまい、やがて腎臓病を引き起こすリスクがあると考えられています。

タールとの違い

ニコチン以外でタバコに含まれる有害物質と言えばタールです。タールはいわゆる「ヤニ」で、数百種類の発がん性物質があると言われています。一方、ニコチンは前述の通り、発がん性物質そのものではありません。むしろ依存性が問題点として指摘されています。

日本国内ではニコチン入り電子タバコを禁止
ニコチン依存から脱却、電子タバコの活用

電子タバコのうち、日本で製造したものはニコチンが含まれていません。その理由は、ニコチン入りの電子タバコの製造販売が法律で禁止されているからです。

薬事法による承認が必要

電子タバコの取り扱いに関係する法律は薬機法(旧・薬事法)です。薬機法では有効性や安全性が証明されない限り、国内でニコチン入り電子タバコを販売することができません。厚生労働省では、薬機法で承認した電子タバコはこれまでにないと明示しています。おそらく、国内製の製品でニコチン入りの電子タバコはないと考えてよいでしょう。

目的はリキッドの誤飲防止

電子タバコ用のリキッドは液体です。ニコチン入りのリキッドの場合、すぐに致死量に達すると考えられます。乳幼児はニコチン10~20mg、成人は40~60mgが致死量です。もし、誤ってリキッドを飲んでしまった場合、死亡事故が発生する可能性は低くありません。このような事故が起きないよう、日本国内ではニコチン入りの電子タバコの製造販売が認められていないのです。

ニコチンなしの電子タバコのメリット

電子タバコは吸引する煙が少ないです。そのため、ニコチンなどの発がん性物質の影響を受けづらいと言われています。従来のタバコは肺がんリスクが高いとされていましたが、電子タバコならこのような心配はありません。まだ発売されたばかりの製品なので研究事項も多いですが、人体への影響は少ないのではないかとされています。

ニコチン入り電子タバコは海外製
ニコチン依存から脱却、電子タバコの活用

日本ではニコチンが含まれた電子タバコの製造販売が禁止されています。そのため、ニコチンが含まれる電子タバコは海外製です。ここでは、海外製電子タバコの特徴を見てみましょう。

タバコの健康面を考慮して誕生

電子タバコはタールによる健康被害を考慮して誕生しました。タールの発生原因はタバコに着火するからです。しかし、電子タバコでは火を使いません。水蒸気によってタバコのような煙は発生するため、本物のような臨場感を味わうことができます。ニコチン依存者からすると、ニコチンが含まれている電子タバコは依存習慣を維持したまま、タールを吸わない製品だったと言えるでしょう。

ヤニ臭さが軽減される

タバコの臭いの発生源はタールです。したがって、火を使わない電子タバコからはイヤな臭いが発生しません。タバコは周囲に不快な臭いを漂わせ、イヤな気持ちにさせる原因でした。電子タバコを吸うことで、喫煙者と周囲の人たちの双方がイヤな思いをせずに済むのです。

リーズナブルな費用

タバコは年々価格が高くなっています。2017年9月現在、タバコは1箱あたり約400円の嗜好品です。仮に毎日1箱吸うと、月間で12,000円ほどの出費になります。一方、電子タバコは同じ量を吸っても月額4,000円から5,000円程度です。利用するリキッドにもよりますが、安価にタバコが吸えるのはメリットだと言えます。

ニコチン入り電子タバコの違法性

日本国内ではニコチン入り電子タバコの製造販売が禁止です。ただし、個人輸入に限り本人が自己責任で使用することは認められています。もし、ニコチン入りの電子タバコの入手を検討している場合、この点は覚えておくとよいでしょう。

喫煙習慣から脱却するなら電子タバコ
ニコチン依存から脱却、電子タバコの活用

タバコに依存する人の多くは、ニコチン依存と喫煙習慣そのものに対する依存があります。そこで、ニコチン依存から脱却する方法で注目されているのが電子タバコです。電子タバコを吸うメリットについて見てみましょう。

喫煙習慣をなくす

一度習慣化された習慣をなくすのは簡単ではありません。脳科学的にも新たな習慣を身に付ける難しさが立証されているようです。喫煙習慣そのものをなくすのは大変ですが、電子タバコなら喫煙習慣は維持されます。口寂しいという悩みは解決できるでしょう。

健康上のメリットがある

電子タバコはタバコよりも健康被害が少ないです。これは有害物質が少ないため当然と言えます。ニコチン依存からの脱却は難しいかもしれませんが、電子タバコに切り替えてうまくいけば健康上のメリットも大きいのです。

ニコチンは依存性が高い有害物質です。タバコを吸っている人は、もう喫煙習慣を辞められないと思うかもしれません。しかし、タバコの依存性はニコチンだけではなく、喫煙習慣そのものにあると考えることもできます。そこで、タバコを吸う習慣を維持しながら、ニコチンを摂取せずに済むのが電子タバコです。たとえば、TaEcoはニコチンが入っていない電子タバコなので、ニコチン依存から脱却しながら禁煙に伴う口寂しさのストレスを解消できます。ニコチン依存を緩和しながら禁煙を進めたい人は、ぜひTaEcoをお試しください。

▲サイトTOPへ戻る
加熱式本体セット
本体セット
フレーバーリキッドカートリッジ
アトマイザー・バッテリー交換パーツ
アクセサリーその他
電子タバコ SSLについて 取引先募集(卸先募集) メルマガ登録

メニュー

商品カタログダウンロード

電子煙草 通販

  • TaEco(タエコ)
  • 大阪市中央区島之内1-17 -12-10F
  • TEL.06-6243-0001
  • FAX.06-6243-0111
  • shop@taeco.jp

  • 禁煙グッズ アイテム
定休日