電子タバコ公式通販 禁煙グッズ・アイテムなら電子たばこ【TaEco(タエコ)】
電子タバコ タエコ メーカー直営店
電子タバコ
電子たばこ 通販 専門ショップ
JECIA 一般電子たばこ工業会加盟店
お支払い方法は代引き コンビニ決済 クレジットカード その他各種

話題の電子タバコは初心者におすすめ!3つのメリットとは?

電子タバコは初心者におすすめ、3つのメリット

メディアでは電子タバコの特集がしばしば出ています。従来の紙巻タバコと比較すると、健康被害のリスクが低いうえ、コスパもいいので経済的にも負担が少ないことでよく紹介されています。中には電子タバコへのスイッチを検討している人もいるでしょう。そのような人のため、電子タバコに移行することでどのようなメリットがあるかについて、以下で詳しく紹介します。

電子タバコは紙巻タバコとどこが違う?
電子タバコと紙巻タバコの違い

電子タバコと紙巻タバコにはどのような違いがあるのでしょうか。主な違いとして以下で紹介する3つの特徴があります。

健康・美容への影響

従来の紙巻タバコの場合、タバコの葉っぱを燃やしてその煙を体内に吸い込みます。この煙の中にはタールや一酸化炭素など有毒な物質が多数含まれています。一方、電子タバコは電気を使ってリキッドを加熱してその水蒸気を吸い込む方式です。火を使って燃やして煙を発生させるわけではありません。

有害物質が少ない

リキッドの中にニコチンは含まれておらず、先ほど紹介した煙に含まれるタールや一酸化炭素などの有毒物質も当然含まれないのがメリットです。紙巻タバコと比較し、健康や美容の影響リスクを低下させることができます。

日本製は特に安心

日本製の電子タバコの場合、ニコチンを含んでいない種類もたくさんあります。海外製の場合ニコチンを含んだものも多いですが、日本国内で製造されたリキッドは基本ニコチンを含んでいません。その意味でも紙巻タバコと比較して安全性が圧倒的に高いわけです。

かかるコスト

紙巻タバコを1日に1箱のペースで吸い続けると、毎月15,000円程度かかるでしょう。同じペースでタバコを吸い続けると、年間18万円以上かかります。一方、電子タバコの場合はリキッドが足りなくなると追加する方式で、だいたい120mlで10,000円前後が相場です。120mlですが少なくても3か月は使い続けられる量と言われています。毎月かかるコストは3,300円前後という計算です。先ほど紹介した紙巻タバコと比較すると、1/4程度にコストを圧縮できます。

安全性

電子タバコは電気の力を用いているので、紙巻タバコのように火を一切使いません。そのため、火災を発生するリスクを排除できます。消防庁のデータによると、火災件数の中で最も多い原因がタバコの火の不始末です。全体の1割強を占めているので、決して珍しいことではありません。

電子タバコに移行するメリット
電子タバコに移行するメリット

従来の紙巻タバコから電子タバコに移行するメリットは多いです。その中でも主だったものとして、以下の3点が考えられます。

健康的に禁煙・節煙

「タバコを止めたい、でも止められない」という人も多いでしょう。これはニコチン依存症に陥っているからかもしれません。電子タバコの場合、海外製のものはニコチンがリキッドの中に含まれているものが多いです。よって、ニコチンを摂取しながらタールなど、そのほかの毒性を減らしていくことが可能です。喫煙者がいきなりタバコを止めると、ストレスが溜まりやすいですし挫折しやすいかもしれません。しかし、電子タバコの場合、無理なく節煙・禁煙を実施できるメリットがあります。
※ニコチン入りのリキッドを購入する場合は、薬事法の問題から、海外から個人輸入で購入することになります。
逆に、電子タバコのニコチン入りリキッドは国内で販売禁止です。

実際に電子タバコを吸うようになって、禁煙に成功したという人も多いです。普段吸うような紙巻きたばこの近い味のリキッドもあるほか、煙を吸って吐き出すスタイルも相まって、無理なく禁煙できたという体験談もネット上でしばしば報告されています。「いろいろと禁煙にチャレンジしたけれども、うまくいかなかった」とお悩みの人におすすめです。

ダイエットにも効果的?

禁煙すると、口寂しくなるので食べ物をよく食べるようになって、太ってしまったという話はしばしば聞かれます。電子タバコの場合、紙巻タバコのように口に加えて水蒸気を体内に摂取可能です。口寂しくなくなるのを抑えられる意味で、体重増加を抑制する効果も期待できます。

また、電子タバコのリキッドの中には、バニラやチョコレート、キャラメルのようなスイーツ系のフレーバーを使った種類もたくさん登場しました。たとえば、おやつ時小腹が空いたときにこのようなスイーツ系の電子タバコを吸えば、甘いお菓子を食べたような気になるでしょう。その結果、摂取カロリーを少なくでき、ダイエット効果をもたらしてくれるかもしれません。ただし、電子タバコを吸ってもカロリー消費や体脂肪が燃焼するわけではないので、食事制限や適度な運動も心掛けましょう。

ニオイの問題を軽減

タバコを吸ったあと、口の中に後味が残りますし、スーツなど着用しているものに煙の臭いが付着します。この臭いは喫煙者でも後々嗅ぐと不快に感じるはずです。普段タバコを吸わない人はなおさらでしょう。この臭いの原因となるのは、タールやニコチン、一酸化炭素が煙に含まれているからです。電子タバコの場合、水蒸気を吐き出す形をとります。そのため、タバコの煙のように臭いの原因物質が含まれていません。さらに、電子タバコのリキッドの中には、食品添加物を原料にしているものも多く安全性も高いです。フレーバーの中にはフルーツやスイーツ系のものもありますので、いやな臭いを軽減できるでしょう。特に柑橘系のフレーバーを使えば、口臭予防にも効果が期待できます。


電子タバコはどこで買う?
電子タバコはどこで買う

紙巻タバコから電子タバコに移行すると、上のようなメリットがあります。では、実際に電子タバコを購入するとして、具体的にどこで買い求めればいいかを見てみましょう。

電子タバコの種類

電子タバコには大きく3種類あると言われています。カートリッジタイプリキッド注入タイプ使い捨てタイプの3種類です。この中でも、リキッド注入式の電子タバコが主流になりました。最新式になると電圧の調整できるものもあり、水蒸気の量を調整できる点です。自分の好みに合わせられます。またリキッドのフレーバーも多種多様なので、自分の好きな味を見つけやすくカスタマイズしやすいのも魅力です。


電子タバコのメーカー直営店なら安心

電子タバコが注目されるようになり、取り扱うショップも増加しました。しかし、店が増えたことで、悪質な営業をしている業者も出てきています。たとえば、粗悪な偽物を販売しているショップも少なくありません。品質管理がきちんとしていない偽物の場合、健康面でメリットのある電子タバコでも人体への悪影響リスクも高まります。メーカー直営店であれば、正規品しか取り扱っていないので安心して購入できるでしょう。

通販での購入が気軽でお得

電子タバコは通販サイトでも取り扱っています。仕事や家事でなかなかお店に行って購入できない場合には、通販ショップで買い求めることです。週末や深夜でも好きな時にいつでも注文できます。中には定期購入コースを取り扱っているところもあり、いちいち注文しなくても定期的に商品が自宅に届くのがメリットです。

このように従来の紙巻タバコと比較すると、電子タバコにスイッチしたほうがいろいろとメリットがあります。電子タバコをこれから購入したければ、TaEco(タエコ)という専門の通販サイトがありますので利用しましょう。日本で2008年、電子タバコの通販を初めて開始した老舗です。50万セット以上の販売実績があります。ドラッグストアやコンビニなどの卸も行っているので、安心してご利用いただけるでしょう。電子タバコ本体だけでなく、関連するアクセサリーなどの便利グッズも取り扱っています。当店へぜひご相談ください。


▲サイトTOPへ戻る
加熱式本体セット
本体セット
フレーバーリキッドカートリッジ
アトマイザー・バッテリー交換パーツ
アクセサリーその他

電子タバコ SSLについて 取引先募集(卸先募集) システムメンテナンスのお知らせ メルマガ登録

メニュー

商品カタログダウンロード

電子煙草 通販

  • TaEco(タエコ)
  • 大阪市中央区島之内1-17 -12-10F
  • TEL.06-6243-0001
  • FAX.06-6243-0111
  • shop@taeco.jp

  • 禁煙グッズ アイテム
定休日