電子タバコ公式通販 禁煙・リラックス・リフレッシュなら電子たばこ【TaEco(タエコ)】
電子タバコ タエコ メーカー直営店
電子タバコ
電子たばこ 通販 専門ショップ
JECIA 一般電子たばこ工業会加盟店
お支払い方法は代引き コンビニ決済 クレジットカード その他各種

電子タバコは絶対安全?成分から見る電子タバコの比較

電子タバコは絶対安全?成分から見る電子タバコの比較

紙巻タバコが、健康に与える害は周知の事実。電子タバコは、従来の紙巻タバコに比べると健康面で安全性が高いのが持ち味です。そのため、紙巻タバコから電子タバコに切り替える人が増えています。ただし、電子タバコが本当に安全なのかと心配している方もいるでしょう。正体がわからなければ、紙巻タバコとの違いに安心できません。電子タバコの商品ごとに異なる成分について比較してみましょう。

紙巻タバコに含まれる成分数
紙巻タバコに含まれる成分

紙巻タバコには、健康被害をもたらし得る成分がどのくらい含まれているのでしょうか。実は、紙巻タバコが問題視されているのは、タバコの葉ではなくです。

タバコの煙に含まれる化学物質は、4,000種類ともいわれるほど。そのうち、有害物質は200種類以上もあり、さらに発がん性物質は50種類以上も含まれています。ペンキを除去するときに使用するアセトン、アリを駆除するヒ素、自動車のバッテリーに含まれるカドミウムなど、明らかに人体に有害だろうと思われる化学物質ばかりです。中でも紙巻タバコの代表的な有害物質とされているのが、ニコチンやタール、一酸化炭素です。

・ニコチン

ニコチンは、依存性が非常に高いことが問題です。その依存度の高さは、ヘロインやコカインなどの麻薬以上。紙巻タバコを吸うと気持ちが落ち着くと感じるのも、ニコチン依存になっている証拠です。ニコチンへの依存度が強くなるほどに、ニコチンが切れるとイライラしやすくなります。そこでタバコを吸ってニコチンを補給すると、イライラが解消されるわけです。ニコチン依存症になると、紙巻タバコを止めるのが非常に困難になります。

・タール

タールの言葉に、タバコよりも真っ黒な液状の油をイメージする人もいるでしょう。紙巻タバコの煙に含まれるタールも、正にあの真っ黒な液状油と同一の物質です。その役割は、ニコチンを肺まで届けること。タバコのヤニでもあり、粘度が高く歯を茶色に変色させてしまいます。多数の発がん性物質を含んでいるのも、タールの特徴です。

・その他発がん性物質

紙巻タバコの煙には、N-ニトロソジメチルアミンやN-ニトロソジエチルアミンといった発がん性物質も含まれています。これらの物質は、繊維やプラスチックを溶かすときに用いる薬剤や酸化防止剤、ゴムやポリマーを形づくるための薬剤などにも使われている化学物質です。

電子タバコの危険性 詳細はコチラ
電子タバコの安全性
電子タバコの安全性

有害物質の多い紙巻タバコと比べ、電子タバコは安全性が高いといいます。安全性が高いとされる理由について考えてみましょう。

・有害物質が少ない

紙巻タバコと比べ、電子タバコは有害物質の使用が少ないです。たとえば、ニコチンやタールといった成分が含まれていません。電子タバコのTaEco(タエコ)に使用されているリキッド及びカートリッジには、法的には使用が認められている危険な成分も使用しないことが特徴です。代表的な有害物質が入っていない証明として、第三者機関での検査も実施しているので安心です。

・煙が発生しない

電子タバコから発する煙は主にスチーム(水蒸気)です。紙巻タバコと違い、周囲に有害物質を撒き散らす心配がありません。自身が吸う煙も有害物質が含まれていないことから、安全性が高いとされているのです。

一般的な電子タバコに含まれる成分
一般的な電子タバコに含まれる成分

電子タバコには上で紹介したように、事故のリスクもあります。しかし、きちんとしたメーカーの商品を購入すれば、事故や故障リスクも低く抑えられます。具体的にどのような電子タバコを購入すればいいかについてみてみましょう。

・海外製の電子タバコの含有成分

危険性がある成分がなぜ電子タバコに採用されることがあるのかといえば、法的には使用が認められているためです。特に、海外製の電子タバコはより紙巻タバコに近い感覚があるかもしれません。しかし、以下のような含有成分を見るとリスクが理解できるでしょう。

・日本製の電子タバコのリスク

海外製の電子タバコと比べると、日本製(日本企業による設計規格)の電子タバコはリスクが低いです。ただし、前述の通り、法律で認められている範囲に有害物質が含まれていることは見逃せません。電子タバコの安全性は、メーカー各社の努力も影響があることを理解しておきましょう。

・グアヤコール

防腐剤や殺菌剤にも用いられている物質で、ブナの木のタールやユソウボクの樹脂に含まれています。独特の臭いがする、水に溶けない性質です。歯科で神経を麻痺させるために使用されることもありますが、粘膜に接触しないように気を付けなければならない物質でもあります。

・2-アセチルピラジン

ピーナッツやポップコーン、ゴマなどにも含まれており、食品添加物としても用いられています。医薬品と農薬の中間にあたり、工業的にも使用される物質です。電子タバコでは香料として使用されることが多く、香ばしさの素となります。

・3-アセチルピリジン

麦芽から発見された物質で、アイスクリームやケーキ、ビール、ポップコーンなどの香りに欠かせない要素を持っています。電子タバコでも、香料の原料として用いられます。強力に鼻に残る香り成分であり、活用しやすいのです。

電子タバコTaEco(タエコ)の成分
電子タバコTaEco(タエコ)の成分

数ある電子タバコの中でも、TaEco(タエコ)はニコチンやタール、N-ニトロソジメチルアミン、N-ニトロソジエチルアミンなどの発がん性物質を含んでいません。残留農薬であるメタミドホスやジクロルボス、ナレドなど、他の電子タバコにはよく採用されているような危険物質も含まれていない点には注目です。では、TaEco(タエコ)の成分は、具体的にどのような構成なのでしょうか。

・ピュアウォーター

TaEco(タエコ)のフレーバーリキッドには、非常に純度の高いピュアウォーターが使われています。お腹がゆるくなるなどの心配もなく、誰もが安心して飲めるのがピュアウォーターのメリットです。細菌や不純物は、限りなく取り除かれています。無味無臭な点も、フレーバーリキッドに用いる原料として最適です。

・エチルマルトール

食品添加物としてよく用いられている香料で、イチゴヤカカオなどに含まれるマルトールに似た点があります。ただし、マルトールの6倍以上もの香りの強さも特徴で、微量でもよい香りを放つのは特徴的です。カラメルやバニラのような甘い香りがして、チョコレートやココア、果実のフレーバーなどにもよく用いられています。毒性はない、安全な食品添加物です。

・シクロテン

殺菌・防腐作用も持つ香料で、メープルシロップやカラメルのような焦がした甘い香りが特徴です。臭覚測定検査において、臭覚の正常さを判断するための測定用基準臭としても用いられています。

・保湿剤

保湿剤は、電子タバコの煙(水蒸気)の素となる成分。煙の量が多い電子タバコは、紙巻タバコを吸っている感覚に近いと人気です。そのため、保湿剤(主にグリセリン等)を多めに配合して、煙を多く出るようにしている電子タバコもあります。

・ダマスコン

精油成分の一種で、ブルガリアンローズが原料です。お茶の葉にも含まれ、フルーティーでフローラルな香りが特徴的。アロマセラピーでも用いられる、貴重な精油です。

・その他植物性抽出エキス

植物性の抽出エキスの中には、ほ乳類全般に急性的な毒性を持たない種類もあります。危険性のない植物性エキスの中でも、保湿性や防カビ性に優れた成分は医薬品や化粧品、食品添加物などとして幅広く活用されているのが特徴です。

電子タバコのTaEco(タエコ)は、国内メーカーの電子タバコとしては最大級に安全に配慮しています。電子タバコのような嗜好品を口にする価値は、健康的に楽しめてこそのものでしょう。紙巻タバコと比較すると、健康面だけでなく経済的にもメリットがあるのが電子タバコの特徴です。依存症に陥る心配がないという意味も含め、経済的な効果が期待できます。健康面での安全性の高さが魅力の電子タバコは、TaEco(タエコ)特有のものではないでしょうか。

TaEcoの成分について
合わせて読みたい

TaEcoの成分について

▲サイトTOPへ戻る
加熱式本体セット
本体セット
フレーバーリキッドカートリッジ
アトマイザー・バッテリー交換パーツ
アクセサリーその他
電子タバコ SSLについて 取引先募集(卸先募集) メルマガ登録

メニュー

商品カタログダウンロード

電子煙草 通販

  • TaEco(タエコ)
  • 大阪市中央区島之内1-17 -12-10F
  • TEL.06-6243-0001
  • FAX.06-6243-0111
  • shop@taeco.jp

  • 禁煙グッズ アイテム
定休日