電子タバコ公式通販 禁煙グッズ・アイテムなら電子たばこ【TaEco(タエコ)】

電子タバコ タエコ メーカー直営店
電子タバコ

電子たばこ 通販 専門ショップ

JECIA 一般電子たばこ工業会加盟店
お支払い方法は代引き コンビニ決済 クレジットカード その他各種
本体セット
フレーバーリキッド
カートリッジ
アトマイザー・ボトルカートリッジ
バッテリー・他

電子タバコ SSLについて 取引先募集(卸先募集) システムメンテナンスのお知らせ メルマガ登録

メニュー

商品カタログダウンロード

電子煙草 通販

  • TaEco(タエコ)
  • 大阪市中央区島之内1-17 -12-10F
  • TEL.06-6243-0001
  • FAX.06-6243-0111
  • shop@taeco.jp

  • 禁煙グッズ アイテム
定休日

タバコの危険性

タバコを吸うことによって「身体にどんな影響があるのか?」「どんな病気を引き起こすのか?」を具体的にご存じでしょうか?
ここでは知っているようで知らないタバコの危険性を紹介します。

タバコによる健康被害は、タバコを吸っている本人にだけあるのではありません。周りにいる方にも健康被害を及ぼします。この事実をしっかりと理解することが禁煙の第一歩となります。

喫煙者の肺

喫煙者の肺

タバコを吸い続けると呼吸器系疾患をはじめとしてさまざまな病気にかかるリスクが高くなります。

左の写真のようにタバコの煙を吸う機会が多いほど煙に含まれる有害物質が肺に蓄積していきます。 肺には二酸化炭素と酸素の交換を行う肺胞という組織が約3億個あります。
タバコの煙を吸い続けるとこの肺胞にタールなどの有害物質が蓄積し、次第に肺胞は破壊されていき肺の機能はどんどん低下していきます。 また一度破壊された肺胞は現代の医学では元には戻せません。
現代社会では排気ガス、PM2.5、化学物質などによっても肺は汚染されていっていますのでタバコを吸うことで肺へのダメージを加速させます。肺は慢性的に炎症を起こしていると繊維化といって固くなり、やがて肺ガンなどになるとされます。
また肺胞に蓄積されたタールなどの有害物質は毛細血管より血液中に取り込まれて全身を巡り、肺だけではなく全身にダメージを与えて、さまざまな病気のリスクを高めます。
しかし禁煙してから5~9年経過すると肺ガンのリスクは低下しますし、10~15年禁煙すればさまざまな病気にかかるリスクをタバコを吸わない人と同じ確率にまで下げることができますので禁煙はいつからでも遅くはありません。

日本人の3大死因
ガン、心疾患、脳血管疾患

ガン、心疾患、脳血管疾患…さまざまな要因によってこれらの病気は発症しますが、どれもタバコを吸うことによって確実にリスクが高くなります

タバコによる病気

タバコには4,000種類以上もの化学物質が含まれており、そのうちの60種類は発ガン性物質です。
タバコを吸い続けることは身体に有害な物質を摂り込み続けるということです。
タバコを吸うことによってすぐに身体に異変が起こるのであれば、タバコを吸うことに対して危機感を感じやすいですが、すぐに健康被害や悪影響を感じるわけではないのでじわじわと身体を蝕んでいきます。 つまり気づいた時にはもう手遅れ…ということになってしまう可能性もあるのです。 またタバコに含まれるニコチンの作用によって、脳内では快楽を感じる物質(ドパミン)が大量に放出されます。 タバコを吸うことでスッキリするなどとプラスの作用があるように感じられるため、ますますタバコをやめられなくなってしまいます。
繰り返しタバコを吸い続けることで多くの病気にかかるリスクがどんどん高くなります。

▲ページTOPへ戻る
喫煙者と非喫煙者の40歳からの余命

公益財団法人 健康・体力づくり事業財団「厚生労働省の最新たばこ情報」(2016年4月28日)

タバコを吸い続けるのかタバコを吸わないのかで余命に大きな差が出ます。
このグラフはタバコを吸う人と吸わない人では40歳以降の余命年数にどれだけの差があるのかを表したものです。

このデータが表すのはその年齢からみた余命年数ですが、生存している間も喫煙している人の場合、病気にかかり、辛い闘病生活を強いられる可能性が高くなります。
タバコを吸うことはあなただけの問題ではなく周りにいる大切な人の健康や寿命にも悪影響を与えてしまう可能性があるということです。

大切な家族

パートナー、ご家族、お孫さん、ご友人…
大切な方たちと過ごす時間が減ってしまうことをあなたはどう思いますか?
病気にかかることで趣味を楽しんだり、好きなものを食べることができなくなってしまったらどう思いますか?

またあなたが喫煙することによって、大切な人の健康を害してしまったり、寿命を短くしてしまうかも知れないということについてどう思いますか?

タバコの煙の種類

①主流煙

喫煙者がタバコから直接吸い込む煙のことです。

②副流煙

タバコの火のついているところから立ち上る煙のことです。主流煙よりも有害物質が多いといわれています。

③呼出煙

タバコを吸った後の呼気から徐々に放出され、空気中に拡散します。

タバコによる害は喫煙者本人だけではなく周りにいる方の方がより悪影響を受けてしまいます。

▲ページTOPへ戻る
副流煙に含まれる有害物質

公益財団法人 健康・体力づくり事業財団「厚生労働省の最新たばこ情報」(2016年4月28日)

▲ページTOPへ戻る

受動喫煙の肺がんリスク評価「確実」へ
-国がん、複数の論文を統合し解析

国立がん研究センターが2016年8月31日に受動喫煙(副流煙)による
日本人の肺がんリスク評価をこれまでの「ほぼ確実」から「確実」に引き上げました。
更に「日本人のためのがん予防法」の喫煙についての記述を、
他人のたばこの煙を「できるだけ避ける」から「避ける」に修正しました。
つまり、自動喫煙(副流煙)が非常に危険なものだということなのです。

2016.8.31ニュース

医療介護CBニュース(2016年8月31日)

受動喫煙対策は世界最低レベル 厚労省検討会が痛烈報告

厚生労働省の有識者検討会は日本の受動喫煙対策を「世界最低レベル」とし、
「屋内の100%禁煙化を目指すべきだ」と提言しています。
受動喫煙(副流煙)では、肺がん、虚血性心疾患、脳卒中などを「確実」と認定しました。

2016.8.31ニュース

朝日新聞デジタル(2016年8月31日)

タバコは自分だけではなく、周りにいる方にも危害を加えるのです。
電子タバコなら自分だけではなく、周りへの受動喫煙(副流煙)の影響を心配する必要が
ありません。

2016.8.31ニュース ▲ページTOPへ戻る
副流煙に含まれる有害物質

成人でも副流煙や呼出煙によって悪影響を受けます。 成人よりも免疫力の低い赤ちゃんが副流煙や呼出煙を吸ってしまうことでどのようなことが起こるかご存知でしょうか?

悲しむ両親

タバコの煙によって赤ちゃんへ及ぼされるもっとも深刻な影響は「乳幼児突然死症候群」です。 昨日まで元気だった赤ちゃんが寝ている間に突然死亡してしまう病気です。 乳幼児突然死症候群が起こる原因はさまざまですが、両親の喫煙が影響することが原因の一つとして挙げられています。
他にも喫煙している母親の母乳を飲んだ赤ちゃんが嘔吐したり、腹痛を起こしたり、下痢を起こすといった急性症状が現れることもあります。

大人である私たちはタバコによる影響を直ちに感じることはなくても、赤ちゃんはタバコによって私たちが思っている以上に深刻な影響を受けてしまいます。

あなたはそれでもタバコを吸い続けますか?

また直接タバコの煙を吸ったり母体からタバコの毒性を摂り込むことがなくても、タバコの煙が室内の壁やカーテン、カーペットや車内に付着すると、タバコに含まれる発ガン性物質や有害物質が長期的に赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまうということもあります。

これはサードハンドスモーク(三次喫煙)と呼ばれます。
喫煙する人の服や髪、持ち物などにも同じように有害物質が付着していますので、赤ちゃんの目の前でタバコを吸っていなければ大丈夫ということはなく、抱っこしたり赤ちゃんと触れ合うことでも悪影響を及ぼしてしまうことが考えられます。
サードハンドスモーク(三次喫煙)はすぐに症状を引き起こすわけではありませんが、長期的に有害物質が暴露し続けます。 そのため副流煙を吸う以上に悪影響を及ぼす可能性があります。 サードハンドスモーク(三次喫煙)が子どものアレルギー、気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎を引き起こす原因の一つになっていることが指摘されています。

サードハンドスモーク(三次喫煙)について詳しくはこちらをご覧ください。

赤ちゃんを迎えるためにこれまでと喫煙スタイルを変える方は多いかと思います。 しかし禁煙することなく、赤ちゃんがいない場所でまだタバコを吸い続けているのであれば赤ちゃんに悪影響を与え続けているということを自覚しましょう。 赤ちゃんがタバコから受ける悪影響はあなたが思っている以上に深刻なものなのです。
そして赤ちゃんは自分の意思でタバコから逃れることができない立場であるということも忘れてはいけません。

成人よりもタバコの影響を受けやすい赤ちゃんや子ども、免疫力が低下している妊婦さん、将来的に出産を希望している女性がいる状況、またそういった方が触れる可能性のある場所で、アナタはタバコを吸いますか?
それとも禁煙しますか?

それでもタバコ吸いますか?
今からでも遅くない禁煙

「これまで長くタバコを吸ってきているから今からやめてもそう変わらないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、まったくそんなことはありません。
今からでもタバコをやめることでリスクを減らすことはできます。 禁煙することで実際にどう変化するのかは以下のグラフをご覧ください。

タバコをやめることで延長する余命

公益財団法人 健康・体力づくり事業財団「厚生労働省の最新たばこ情報」(2016年4月28日)

タバコをやめることに今更はありません。
いつからでもタバコをやめることで身体に影響する害を減らすことができると同時にあなただけでなく周りの人に与える悪影響も減らすことができます。

「とは言っても禁煙するのは難しい…」

それはたしかなことです。
禁煙が難しいからこそ、禁煙方法を考えなくてはいけません。

禁煙に成功するために…

電子タバコで禁煙するメリット

ニコチン、タールなどの有害物質が含まれていません!

電子タバコにはフレーバーリキッドを使います。 TaEco専用フレーバーリキッドには食べ物に使われている一般的な成分を使用しています。 万が一、飲んでしまうようなことがあっても安全なのでお子さまやペットがいるご家庭でも安心して使うことが出来ます。

あのホリエモンも電子タバコについて以下のようにコメントしています。

まあ現実的には電子タバコを積極導入すべきと思います。副流煙の問題は解決できるし、タバコのタールによる肺がんの罹患率も下げられる。タバコの全面禁止は地下化してヤクザの財源になるだけだから意味ないし。もちろんニコチンなしのフレーバーだけ吸ってるやつは禁止する必要はないだろうが。区別はつきにくいよね。で、日本の規制はタバコの葉由来のニコチン以外は薬事法の対象になるので普及が阻まれている。
あと、今よりもっと手軽に吸える電子タバコがこれからどんどんリリースされ、今より確実に手軽になる。健康への害が今より格段に少なくなり他人に迷惑もかけず、火災の原因にもならないとして規制する理由はないと思うけど、タバコを憎む勢力は放射脳の如く反対運動を感情的に発動すると予想される。因みに私はいわゆる紙巻きたばこは吸いませんがたまに水タバコや葉巻をたしなみます。

堀江貴文「HORIEMON.COM ホリエモンが語る、電子タバコを積極導入すべき理由」(2016年5月2日)

TaEco専用フレーバーリキッドは第三者機関でのニコチン分析試験を受けて安全性を証明しています。

電子タバコの煙は水蒸気です!

電子タバコ内の電熱電が発熱することによって、安全性の高いTaEco専用フレーバーリキッドを霧状化します。 霧状になった微粒子を吸い、フレーバーを楽しみます。 電子タバコから出る煙のように見えるものは水蒸気です。 不快なにおいもないので周りの人に迷惑をかけることもありません。

電子タバコで喫煙気分!

禁煙が難しいのは『ニコチン依存症』と『喫煙習慣』を克服することが難しいからです。
タバコを吸えない時間が続くと落ち着かなかったり、調子が狂うと感じることはありませんか?
人は一度生活の中に定着させた習慣を突然やめると精神的な安定を保てなくなり、ストレスを感じてしまいます。 タバコを吸えない時間の中では『口寂しさ』という形で現れます。
電子タバコを使って禁煙に取り組むことで喫煙習慣を維持しつつ、ニコチン依存症の克服にだけ取り組むことができます。 あれもこれもやらなければと思うとなかなかうまくできないけど、一つに集中するとうまくいくことってないでしょうか?

電子タバコは禁煙に伴う強いストレスを軽減することに役立ちます。

▲ページTOPへ戻る

健康被害はある?電子タバコと副流煙の関係性

電子タバコと副流煙

副流煙による健康被害の問題は紙巻きタバコを取り巻く大きな問題です。しかし、電子タバコの場合、副流煙のリスクに対する意見が分かれています。実は、日本製と海外製のものでは、その含有成分や健康被害に与える影響が大きく異なるようです。従来のタバコの副流煙が身体に与える影響や電子タバコへの含有成分、寄せられる期待はどのようなものでしょうか。ここでは、電子タバコと副流煙の関係について見てみましょう。

副流煙が与える人体への影響

自身は非喫煙者でも、副流煙を通じてタバコの有害な成分を吸っているケースがあります。その原因は喫煙者が紙巻きタバコから発せられる副流煙です。では、どのようなリスクがあるのでしょうか。

・副流煙は主流煙より有害

まず前提として、紙巻きタバコの先端から発する副流煙は、タバコを吸っている本人が吸う主流煙より有害な成分が多いといいます。たとえば、血流を悪化させるニコチンが2.8倍、発がん性物質のニトロソアミンが31倍、目を刺激するアンモニアが46倍と、副流煙が本人より周囲に有害であることが明らかになりました。

・短期的な健康被害

副流煙を受動喫煙した人のなかには、目の痛みや喉の痛み、咳といった症状が見られます。また、心拍数の増加や冷え性など、見た目にはわからない症状が起きることもあるようです。

・長期的な健康被害

副流煙を吸い続けていると、肺がんをはじめとしたがんのリスクが高まります。また、脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化など、血管がかかわる重篤な病気になるかもしれません。本人に喫煙習慣がなくとも、大きな健康被害を受けることは十分に考えられるのです。

電子タバコと副流煙
電子タバコと副流煙1

タバコは重篤な健康被害をもたらす恐れがあります。電子タバコも健康被害を招くという意見がある一方、日本製の電子タバコはニコチンやタールを含まないため、副流煙に関するリスクは低いと見られています。では、電子タバコのリスクと、健康被害が叫ばれる理由を考えてみましょう。

・電子タバコから発生するのは副蒸気

まず電子タバコから発せられるものは副流煙ではなく副蒸気です。電子タバコを製造するメーカーは、副蒸気のためタバコの副流煙と比べて健康被害は生じないと発表しています。ただし、電子タバコの健康への影響は研究が進められている最中なので、自己責任での喫煙および周囲への配慮は必要です。

・海外製電子タバコの健康被害

電子タバコが健康被害をもたらすとされる原因は、海外製電子タバコに関する情報が広まっているからです。海外製電子タバコは日本製のものと違い、薬事法の影響下にありません。したがって、電子タバコでありながらカートリッジにニコチンを含んでいます。海外製の電子タバコの場合、副蒸気といえど健康被害のリスクがあることを理解しておきましょう。

・海外製電子タバコの入手方法

日本国内では、海外製電子タバコは個人輸入の範囲で入手が認められています。ニコチンを含んでいますが、それだけに従来のタバコを好んでいた人にとっても喫煙時の満足度は高いはずです。喫煙時は周囲への配慮を徹底し、他の人が吹く蒸気を吸わないようにしましょう。

・日本製電子タバコと有害物質

日本製の電子タバコは、法律上ニコチンやタールを含むことが禁止されており、カートリッジにはニコチンが含まれていません。製造および販売に際し、薬事法による規制を受けているからです。だから電子タバコの副流煙(副蒸気)は、従来のタバコのような健康被害はないだろうと考えられます。

電子タバコの安全性や有用性に関する最新情報
電子タバコと副流煙2

電子タバコの安全性については研究が進んでいます。最新の研究では、従来のタバコに比べるとはるかに毒性が少ないこともわかっているようです。電子タバコの安全性について見てみましょう。

・ロンドン大学の研究結果

従来のタバコから電子タバコに切り替えた場合、6ヵ月後に被験者の唾液や尿から検出された有害物質が減ったと、ロンドン大学が研究結果を発表しました。ただし、普通のタバコの喫煙を完全に停止する必要があることから、タバコを禁煙して電子タバコへ切り替えることが大切なようです。

・ニコチンを含む電子タバコの改善

薬事法のリスクがある電子タバコについては、平成22年8月時点でニコチンを含んだものが禁止されました。かつては電子タバコ内に微量に含まれていたニコチンですが、現在ではこのリスクはなくなっています。そのため、副流煙の心配はないと考えてよいでしょう。

・電子タバコへの懸念点

若者の間では電子タバコはクールというイメージは定着しました。ただし、電子タバコが若者に定着してしまうと、従来のタバコへの喫煙の入口になってしまうのではないかと懸念する意見も見受けられます。電子タバコと従来のタバコは別物という認識を持つことが大切でしょう。

・電子タバコへの期待

電子タバコは副蒸気を発するだけのタバコです。喫煙習慣がやめられない人が周囲の人に副流煙を撒き散らすより、電子タバコに切り替えたほうがよいとする専門家の意見もあります。液体を蒸気化させるタイプのタバコならリスクもないでしょう。

ニコチンフリーの電子タバコならTaEco

当店で取り扱う『TaEco』ニコチンフリーの電子タバコです。また、ニコチン以外の有害成分も含まれておらず、喫煙者および周囲へ与える安全性の面でも優れています。TaEcoの特徴を見てみましょう。

・有害物質がない電子タバコ
電子タバコと副流煙3

ニコチンやタールなどの発がん性物質のほか、メタミドホスやナレドといった残留農薬など、TaEcoには人体へ有害な物質は含まれていません。また、グアヤコールや2-アセチルピラジンなど、法律上は使用を認められている成分も使っていないので安心です。

食品に含まれる添加物のみを使用

TaEcoのフレーバーリキッド・カートリッジは、日常食品やお菓子に使用する添加物だけを使っています。ピュアウォーターや香料のシクロテンなど、身体に害のない成分のみ選ばれました。植物性抽出エキスを配合しており、TaEcoの水蒸気および副蒸気は液体成分が霧状になっただけなのです。

・製造工程から安全性を重視

製造から梱包まで、徹底した紫外線殺菌をした衛生管理が行われた抗菌室でTaEcoは作られています。さらに、工場出荷時とお客様への発送時、お客様が安心してできるように全品検査をしている点も特徴です。十分な品質管理のもとで製造しているため、均一した品質を保つことができるのだと言えます。

・200万セット以上の流通実績

TaEcoは日本人向けに開発されました。デザイン性も高く、これまでに200万セット以上の流通実績があります。業界トップクラスの実績がある電子タバコなので、使用時の満足度も高いでしょう。

・タバコ風味やメンソール風味から選択可能

タバコそっくりの味やメンソールのような爽快感、オレンジやグレープフルーツなど、TaEcoはフレーバーにもこだわっています。タバコは嗜好品だから、健康被害や副流煙の心配だけでなく味も大切です。安全かつ、おいしく嗜んでいただける点も魅力でしょう。

電子タバコは水蒸気ができるだけで副流煙を発生させません。さらに、日本製のものならカートリッジにはニコチンが含まれておらず、周囲に健康被害の悪影響を与える心配が少ないことが特徴です。紙巻きタバコの喫煙習慣がなかった人は周囲に配慮しながらクールなイメージを得るため、すでに喫煙習慣がある人は副流煙が与える周囲への影響をなくすため、副流煙の被害が発生しない電子タバコを利用することをおすすめします。

▲サイトTOPへ戻る