電子タバコ公式通販 禁煙・リラックス・リフレッシュなら電子たばこ【TaEco(タエコ)】
電子タバコ タエコ メーカー直営店
電子タバコ
電子たばこ 通販 専門ショップ
JECIA 一般電子たばこ工業会加盟店
お支払い方法は代引き コンビニ決済 クレジットカード その他各種

三次喫煙(サードハンドスモーク)の被害

三次喫煙(サードハンドスモーク)とは

三次喫煙(サードハンドスモーク)とは

三次喫煙(サードハンドスモーク)とはタバコを消した後にその場に残った残留物から有害物質を吸入することです。
喫煙者本人が吸う煙は一次喫煙喫煙者が吐き出した煙や火のついたタバコから出る煙を周りにいる人が吸うことを二次喫煙といいます。 三次喫煙(サードハンドスモーク)はタバコを吸ったことがある場所、主に室内や車内で起こりやすいといえます。

タバコの煙に含まれる有害物質は布製品や室内の壁紙などに吸着しやすい性質があります。 タバコを吸い続けた室内の壁紙はタールなどによって変色しますが、人体に悪影響を及ぼす可能性がある有害物質も残っています。 三次喫煙(サードハンドスモーク)の怖さは必ずしも目に見えたり匂いでわかるわけではないということです。 また三次喫煙(サードハンドスモーク)の影響を受けやすいのは乳児期から幼児期の子どもです。 特にお子さまがいるご家庭で喫煙している人がいる場合には三次喫煙(サードハンドスモーク)の悪影響を知っていただきたいと思います。 またお子さまを三次喫煙(サードハンドスモーク)から守ることについても考えましょう。

タバコの危険性を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

三次喫煙(サードハンドスモーク)の有害性

三次喫煙(サードハンドスモーク)で問題視されているのはニコチンです。 ニコチンには依存性があることはよく知られていますが、三次喫煙(サードハンドスモーク)においてはニコチンが大気中の亜硝酸と反応して発がん性物質のニトロソアミンが作られることが判明しました。

三次喫煙(サードハンドスモーク)の有害性

室内や車内の換気をしながらタバコを吸っても有害物質の蓄積を避けることはできません。 有害物質が蓄積した室内や車内で過ごす人は長期的に有害物質の曝露を受けてしまいます。

▲ページTOPへ戻る

三次喫煙(サードハンドスモーク)の一番の被害者は子どもたち

目に見えないレベルで室内や車内に有害物質が蓄積してその場で過ごす人に悪影響を与えるおそれのある三次喫煙(サードハンドスモーク)ですが、一番悪影響を受けやすいのは乳児期から幼児期の子どもたちです。 乳児期から幼児期の子どもは床を這ったり、壁を触って伝い歩きをしたり、落ちているおもちゃなどを洗わずに口にする可能性が高いので有害物質を身体に摂り込んでしまうリスクが最も高いと考えられます。

三次喫煙(サードハンドスモーク)によって実際にどの程度の影響が出るのかはまだ判明していません。 喫煙した室内で長期的に過ごすことで何らかの悪影響が現れる可能性は十分に考えられます。 三次喫煙(サードハンドスモーク)については現在、研究が進められていますが、受動喫煙以上に悪影響を及ぼす可能性が指摘されています。

三次喫煙(サードハンドスモーク)の被害者は子ども

屋外でタバコを吸っていたら大丈夫と思っていませんか?

喫煙者自身が三次喫煙(サードハンドスモーク)の原因

三次喫煙(サードハンドスモーク)は室内や車内でタバコを吸うことだけが問題ではありません。 室内では喫煙しないようにしているご家庭も多いかと思いますがそれだけでは三次喫煙(サードハンドスモーク)を防ぐことはできません。 例えば必ず屋外でタバコを吸うようにしていても喫煙者本人の髪や衣類にもタバコの匂いと共に有害物質が付着します。 タバコを吸っている人自身が三次喫煙(サードハンドスモーク)の害を周りに及ぼすということです。 またタバコを吸わない人でも喫煙する場所で過ごすことがある人も同じように周りに悪影響を及ぼしているということです。

有害物質が付着した身体で大切なお子さまを抱っこすることはお子さまを三次喫煙(サードハンドスモーク)に晒しているということです。 ご家族のために室内ではタバコを吸わないようにしている皆さん、本当にご家族を守るには禁煙することが必要です。

▲ページTOPへ戻る

三次喫煙(サードハンドスモーク)から乳幼児を守るには

三次喫煙(サードハンドスモーク)から子どもを守る

室内でタバコを吸っているとどんどん有害物質が蓄積してしまいます。 三次喫煙(サードハンドスモーク)からお子さまを守るには禁煙することが何よりも大切です。 喫煙者自身にも有害物質が付着してしまう以上、室内でタバコを吸わないようにするだけでなく禁煙することがお子さまを守る一番の方法なのです。 過去にタバコを吸ったことがある室内は掃除機をかけるだけでなく、水拭きと乾拭きすることによって少しでも有害物質を取り除くようにしましょう。 カーテンや取り外し可能なソファカバーなどは洗濯しましょう。 取り外しが出来ない布製品はタバコの有害物質を吸着しやすいため、お子さまが触れる場所には設置しないようにするなどの対策をしましょう。 壁紙などに一度付着した有害物質はクリーニングなどだけでは取り除けないため、有害物質を取り除くには壁紙の張り替えなどが必要となります。 タバコを吸ったことがある室内にはなるべくお子さまが立ち入らないようにするなど、三次喫煙(サードハンドスモーク)からお子さまを守るためにできる限り対策しましょう。
お子さまの人生を守ってあげられるのはご両親だけです。

三次喫煙(サードハンドスモーク)を防ぐには禁煙 矢印

三次喫煙(サードハンドスモーク)の怖さ

タバコによって喫煙者本人と周りにいる人が受動喫煙することで悪影響が及ぶことが問題視されていました。 三次喫煙(サードハンドスモーク)は比較的新しい概念でまだあまり知られてはいませんが、三次喫煙(サードハンドスモーク)の怖さはタバコを吸う人がいる限り完全に防ぐことは難しいということです。

三次喫煙(サードハンドスモーク)に晒された室内や車内は通常のクリーニングだけでは有害物質を完全に排除することができません。 壁紙を変えたりするなど、内装を大幅に変えない限り有害物質が残留し続けます。

分煙をしていても、マナーを守っていてもタバコを吸う限り、あなたは三次喫煙(サードハンドスモーク)の加害者です。

禁煙しませんか?

▲ページTOPへ戻る
加熱式本体セット
本体セット
フレーバーリキッドカートリッジ
アトマイザー・バッテリー交換パーツ
アクセサリーその他
電子タバコ SSLについて 取引先募集(卸先募集) メルマガ登録

メニュー

商品カタログダウンロード

電子煙草 通販

  • TaEco(タエコ)
  • 大阪市中央区島之内1-17 -12-10F
  • TEL.06-6243-0001
  • FAX.06-6243-0111
  • shop@taeco.jp

  • 禁煙グッズ アイテム
定休日